TOP

当院について当院について

ABOUT

当院について

診療理念

診療理念|三鷹の歯医者【三鷹すずき歯科】

歯を失う原因を学ぶことができる医院

歯科治療をなるべく行わずに
生涯を送ることができる治療を行う

三鷹すずき歯科
4つの取り組み

− 歯周病や虫歯のリスク評価

歯周病も虫歯も生活習慣病であり、生活習慣の改善を行わないと再発してしまう病気とされています。当院では治療方針を決める前に唾液検査を行い、虫歯リスクや歯周病リスクを客観的に把握します。

また、通常の検査結果にもとづいた診断の結果から、虫歯や歯周病のリスク評価を行い、治療方法とセルフケアの方法をご提案します。

歯周病や虫歯のリスク評価|三鷹の歯医者【三鷹すずき歯科】

− 大学病院レベルの
歯周病治療の実践

歯周病治療の基本はプラーク(細菌の塊)を取り除くことです。一般的に日本では8割の方が歯周病にかかっていると言われていますが、その大半は基本的な治療(歯石を取り除いたり、かみ合わせを調整したりすること)を行えば治癒します。ただ1割ほどの患者様は外科的な治療(歯茎を開いた状態での清掃)が必要になります。

歯を残すためには徹底的にプラークをとプラークが残りやすい原因を取り除くことが大切なのです。当院では大学病院と同様に、ガイドラインに乗っ取った治療法を実践していきます。

大学病院レベルの歯周病治療の実践|三鷹の歯医者【三鷹すずき歯科】

− 幼少期の健全歯列の育成

歯並びは虫歯や歯周病には関係ないように思われますが、歯並びが悪いことは歯磨きの難易度を上げてしまします。お口の健康の維持において最も大切なのは、いかに患者様自身でプラークコントロールのしやすい環境をつくるかにかかっていると考えています。つまり歯並びをよくすることは生涯にわたる歯周病や虫歯になるリスクを低くすることができるのです。

当院では矯正認定医による通常の矯正治療も行いますが、生え変わりの時期を利用した健全歯列の育成に力を入れていきます。歯科治療をなるべく行わずに生涯を送ることが当院の最終的な目標です。

幼少期の健全歯列の育成|三鷹の歯医者【三鷹すずき歯科】

− 院内感染対策を
第一に考えた医院づくり

新型コロナウイルスの影響もあり、近頃は院内感染対策に対する関心が高まっています。確かに歯科治療は注水しながら切削する治療が大多数を占めるため、その際に生じるエアロゾルによる感染リスクとなると考えられています。

当院では、口腔外バキュームと医療用空気清浄機の設置を行うことで、エアロゾルが空気中に舞う量や時間を減少させ、院内感染のリスクを低下させることができます。もちろん使用する器具、器材に関しては個別包装による滅菌処理し、可能なものは使い捨てを使用し、徹底した院内感染対策を行っていきます。

院内感染対策を第一に考えた医院づくり|三鷹の歯医者【三鷹すずき歯科】

Reservation

ご予約はお電話・WEBにて受け付けております。
ご不明な点やお問い合わせに関しましては、お気軽にご連絡くださいませ。

TEL:0422-70-7511